バイク  売る キズ 修理

大きなキズやへこみは修理すべきか

バイクは毎日使う中で様々な部分で劣化が目立つようになります。
特にバイクの場合は屋根無しの駐車場や路上に置く場合が多いので、車体表面には細かな傷が付くことが多くありますね。
また自身が運転する中で何かと接触したり、転倒するなどして、目立つような大きなキズを車体に付けてしまう場合もあります。

 

バイクを買い取り業者に見せる前には、しっかり洗車をしたりカスタムパーツを外すなど様々な準備を行う事になるのですが、もし車体に大きなキズやへこみがあった場合には、やはり事前に自己負担で修理すべきなのでしょうか?

 

基本的に、買い取り業者は「きれいな状態のバイク」に高額な査定を付けますから、大きなキズやへこみなどは無いに越したことはありません。その点で考えれば修理すべきだといえるでしょう。

 

ただ、それらをバイク屋さんにだして修理してもらうとなると、それなりの出費が必要となりますね。

 

この出費分が売却金額により賄えれば事前に修理に出す意味もあるのですが、

 

残念ながら「修理前」と「修理後」では査定にそれほど大きな差額は生まれません。

 

おそらく買い取り業者は「この傷のせいで査定が低くなった!」と盛んに言うとは思いますが、それは傷の有無に関わらず元々低く提示する査定額を正当化するための言葉であって、実際は傷を修理したところで、金額はそう大きくは変わらないのです。

 

だとすれば、「大きなキズやへこみは査定前に修理すべきではない!」という結論になりますね。

 

これは大抵の場合で正解だと言えますが、個々のバイクの車種や、個々の傷の状態によっても変わってくるところではありますので、近所に馴染みのバイク屋さんがあれば少し相談してみるのも良いかと思います。

 

なお、間違っても個人の手で傷を直そうとは思わないで下さい。
修理グッズは色々と販売していますが、それらはあくまで応急手当であって、場合によってはさらに傷を広げる事にも成りかねませんので注意が必要です。

 

では、事故にあった事故車のバイクはどうでしょうか?

 

バイクが事故で壊れてしまった際に考える所は様々あると思います。
「修理してまた乗るか」「売却をしてしまうか」「修理した上で売却するか」、または「廃車にしてしまう」という選択もありますね。
いずれにせよプラスになる事があったとしてもマイナスはできれば避けたいものであり、損得をどのように見ていけば良いのでしょうか。

 

まず廃車の際に掛かる費用としては「リサイクル料金、手続きの費用、車体の解体費用」などかなりの金額が必要となり、トータルで数万円が吹っ飛んでしまうこともあります。
とくに「リサイクル料金」は認知度が低く知らない方も多いのですが、2005年よりバイクを処分する際に支払うものと法律で定められたもので、およそ5千〜1万5千円程度は徴収されることになります。

 

では廃車という選択をせず、買取店に持ち込んだ場合はどうなるのでしょうか。

 

じつは廃車同然の事故車であっても、引取りが0円で行なわれたり、もしくは数千円〜数万円は貰える場合があるので、損得で見れば買取点に持ち込むのが最良の判断だといえます。

 

また事故車を修理してから買取店に持ち込むという場合は、“修理の費用”が後の買取の査定で大きくカバーできるかがポイントになってきますね。
しかしこればかりは実際に事故車を修理してみなければ損得の判断が付かない所なので、下手に修理はせずそのまま買取店に持ち込んでみた方が良いといえます。

 

一括査定を申し込む前に

複数の買い取り業者に一度の手間で一括査定ができるサイトを利用すると、
手間なく高値で買い取ってくれる業者に交渉することが可能です。

矢印


でも、あわてて一括査定に申し込んでしまう前に、
まずしないといけないことがあるのでご注意下さいね

詳しくはこちらから。

大きなキズやへこみは修理すべきか関連ページ

一括査定で相場を知る
一括査定を依頼する前に、 まず自分のバイクの大まかな買取相場を把握しておかないと、買取業者に主導権を握られてしまう危険があります。
車検前か車検後に売るか
すでにバイクを売却することを考えている方の場合、 「車検前に売るか車検後に売るかどっちが得か」 迷ってしまいます。
カスタムバイクや改造車を高く売る
高く売ることを望んでも改造があるとバイクの査定に響くものなのでしょうか。
動かないバイクでも売れるか
もうダメだろうと諦めた動かないバイクがあった場合でも、まずはバイク買取業者に連絡して来てもらい、査定を受けてみて折り合いが付けばそのまま売却すれば良いかと思います。
査定前の洗車は必要か
“査定は洗車で変わるの?”“洗車は必要?”とお考えの方もいるかもしれませんが、 車体の汚れやスチール周りのサビは大きくポイントを下げてしまいますので、「査定前の洗車」は必ず行なって欲しい必要な事柄だといえます。
バイクを売る時期とは?
バイクを高く売るコツの一つに「バイクを売る時期を見はからう」という事が挙げられます。