バイク 売る 時期

バイクを売る最適な時期とは?

バイクを高く売るコツの一つに「バイクを売る時期を見はからう」という事が挙げられます。
バイクには“高く売れる時期”と“買い取りに向かない時期”とがあり、これは常識として広く知られています。

 

バイクは型式・年数・走行距離などにより査定価格に大きな差が生まれてきますが、それだけではなくバイクを売る時期に関しても大きな差が生じるところなので、これを知っているか知らないかで数万単位で金額が変わることもあります。

 

この時期の違いは中長期短期の両面で考えていく必要があります。

 

まず中長期では、

 

バイクのモデルチェンジの時期

 

が価格変動に大きく絡んできます。

 

モデルチェンジはそう頻繁に行われるものではないのですが、その前後では査定に大きな変化が生じてきます。

 

これは他の製品でも同じことですが、人の気持ちとしてやはり欲しくなるのは新しい製品の方になりますから、モデルチェンジ後の査定価格は低く見積もられる傾向があるのです。

 

バイク雑誌を見て情報を集めたり、発売からどれくらい経ったか年数で考えるなどして、モデルチェンジが行われる前までに売却しておきましょう。

 

また短期では、1年間という短いスパンの中でも価格の変動はあります。
寒い冬が終わり春を迎えると、外を走りたいシーズンになりますし、新しい生活の足としてバイクを必要とする方がいますので、

 

春先はバイクを売る時期として最も良いといえます。

 

またゴールデンウィークを始めとする長い休みの前も査定価格が高くなる時期だといえます。
つまり、大型の休日前がねらい目ということですね。
4月7月12月前あたりになると需要が増して在庫がなくなり、それを補うために買取のほうが強化されることになります。 やはり大型の休日にはどこかに出かけようと考える方が多く、それに伴いバイクを購入する場合が一段と増えるのです。

 

 

ローンの残債がある場合

新車のバイクを購入する場合、多くの方は“分割払い”を選択して、毎月のように代金の返済を行ないます。
この“分割払い”を行なう期間中は、バイクの所有者は“販売店、ローン会社”となりますので、自身は“使用者”という身分になります。
こうした状態のバイクは「所有権留保車」と呼ばれており、法的にはまだ自分の所有物とはみなされていないのです。

 

ただこうしたバイクも事情によっては分割払いの期間中に不要になり、必要に迫られて売却を希望する場合もあります。
もちろん自身のバイクであればそこらへんの判断は自由に出来ますが、分割払いの期間中となれば所有権の問題もありますし、勝手に買い取りにまわすことは可能なのでしょうか。

 

実はローン中でも買取店に売却することは可能で、それにはいくつかの方法が挙げられます。
まず買取店で提示された金額が残債より多ければ、残債を一括返済し名義変更することで売却が可能となり、自身の手元にも差額で生じたお金が来ることになります。

 

ただ提示された金額より残債の方が多いという事もありますね。その場合は買取店で新たなローンを組み立てて、バイクの残債を一括返済し、名義変更し売却するという方法もあります。

 

いずれにせよ手続きは面倒になりますが、それらは買取店側が引き受けてくれますので、ご自身のやることといえばローンの清算や組み換えでサインをする程度となり、非常に手軽だといえます。

 

下取りと買い取り

不要なバイクを処分する場合に「下取り」と「買い取り」の二つの方法があります。
一見するとどちらも同じように見えますが、この両者には大きな違いが存在します。

 

まず「買い取り」の場合は、バイクの車種により決められている買い取り価格の平均があり、そこから傷や走行距離などのマイナス点を引いていくことになります。
よほど大きな欠陥がない限りは、中古市場の買い取り平均額から多く下げられることはないので、悪いお店でもなければそれなりの額になるでしょう。

 

一方で「下取り」の場合は、自身が持つバイクを買い取ってもらい、その費用を新車を購入にあてるという形になります。
この場合、新車を買う時に交渉の余地がある“新車の値引き”は無く、買取店はお得感を出すために“下取り額をやや上積み”させているだけとなり、この点が買取りとの大きな違いだと言えます。

 

この双方は一見するとたいした差は無いように見えるものの、金額が大きい“新車の値引き”の5%と、金額の小さい“下取り価格”の5%を比べれば、本来得られる数万円単位のお金が消えてしまっていることが分かります。

 

つまりこの双方を比べれば買い取りの方が圧倒的に有利となりますので、次にバイクの購入を予定されている方でも、同じ店で自身のバイクの処分はしないで別の店で買取りをお願いし、それで得られたお金で別にバイクを購入すれば間違いなくお得だといえます。

一括査定を申し込む前に

複数の買い取り業者に一度の手間で一括査定ができるサイトを利用すると、
手間なく高値で買い取ってくれる業者に交渉することが可能です。

矢印


でも、あわてて一括査定に申し込んでしまう前に、
まずしないといけないことがあるのでご注意下さいね

詳しくはこちらから。

バイクを売る時期とは?関連ページ

一括査定で相場を知る
一括査定を依頼する前に、 まず自分のバイクの大まかな買取相場を把握しておかないと、買取業者に主導権を握られてしまう危険があります。
車検前か車検後に売るか
すでにバイクを売却することを考えている方の場合、 「車検前に売るか車検後に売るかどっちが得か」 迷ってしまいます。
カスタムバイクや改造車を高く売る
高く売ることを望んでも改造があるとバイクの査定に響くものなのでしょうか。
動かないバイクでも売れるか
もうダメだろうと諦めた動かないバイクがあった場合でも、まずはバイク買取業者に連絡して来てもらい、査定を受けてみて折り合いが付けばそのまま売却すれば良いかと思います。
査定前の洗車は必要か
“査定は洗車で変わるの?”“洗車は必要?”とお考えの方もいるかもしれませんが、 車体の汚れやスチール周りのサビは大きくポイントを下げてしまいますので、「査定前の洗車」は必ず行なって欲しい必要な事柄だといえます。
大きなキズやへこみは修理すべきか
残念ながら「修理前」と「修理後」では査定にそれほど大きな差額は生まれません。