レッドバロン 体験談

初めてバイクを売った時の話

私には、今年で81歳になる祖父がいます。

 

祖父は昔からバイク一筋で、普通自動車免許は持っていません。
バイクの車種もHondaのスーパーカブ以外に乗っているのを見たことがありません。

 

買い物へ行くのも、釣りへ行くのにも、どこへ行くのにも、紺色のHondaのスーパーカブに乗って行っていました。

 

買い換えるバイクももちろん同じ車種で、スーパーカブに強いこだわりと愛着を持っていたようです。

 

そんな私の祖父が80歳になった日に、

 

「わしが死ぬのは構わんが、誰かに怪我をさせたりしたらかなわん」

 

と、祖父自ら国に免許を返納することに決めたので、祖父の大好きなスーパーカブを売ることになりました。

 

私や、家族としては、祖父がどれだけ、バイクが好きかを知っているので、売らずに残しておいてはどうかと提案しましたが、祖父が、「バイクがあったら乗ってしまいそうだ」と言ったので結局、売ることになりました。

 

業者は、父の知り合いが働いているということで、レッドバロンに売ることに決めました。

 

さっそく、レッドバロンに電話をしてみると、

 

「是非、引き取らせて下さい!」
と言ってくれました。

 

引き取りに来てくれるとも、言ってくれましたが、祖父が最後の運転をしたいということで、私と父が乗った車の後ろを祖父がスーパーカブでついてくるという形でレッドバロンへ向かいました。

 

レッドバロンに到着すると、さっそく査定してもらうことになりました。

 

一瞬、祖父が哀愁を帯びた表情をしたことを覚えています。
数分後、元気の良い店員さんが、書類などを持って、説明に来てくれました。

 

査定額は「0円」でした。

 

祖父は聞こえないふりをしましたが、もう一度聞いても、やはり「0円」でした。

 

私も最低でも、数千円くらいで引き取ってくれるだろうと思っていたのですが、諸経費で相殺すると、0円になってしまったようです。

 

査定額は、0円でしたが、その後のもろもろの手続きも全てレッドバロンがしてくれたので、とても楽でした。

一括査定を申し込む前に

複数の買い取り業者に一度の手間で一括査定ができるサイトを利用すると、
手間なく高値で買い取ってくれる業者に交渉することが可能です。

矢印


でも、あわてて一括査定に申し込んでしまう前に、
まずしないといけないことがあるのでご注意下さいね

詳しくはこちらから。

初めてバイクを売った時の話関連ページ

ホンダのCB400スーパーフォアバージョンR売却
買い取りはレッドバロンでしてもらいました。 私が買ったのは個人の小さなバイク屋でしたが、買い取ってもらうには大きな店の方が良いだろうと思い他店との見積もり比較などもしないで決めました。
査定額が全然違った!
友人にどこで買ったらよいかを尋ねたら、レッドバロンは店員も優しいし、全国から好きなバイクを取り寄せてもらえると教えてもらったので、さっそく行ってみることにしました。