バイク 売る

個人売買で売る

必要の無いバイクを売るための方法として「個人売買で売る」という手段があります。

 

この方法は呼んで字のごとく、バイクの販売店や買い取り店など専門業者に任せるものではなく、個人を相手に自分のバイクを販売する方法です。

 

ただ、自分のバイクを欲しいという個人を見つけるのは難しいですね。

 

まずはあなたの身の回りの友人で欲しい方を探して見ましょう。

 

またそれ以外でも、バイクの専門雑誌には売買をもちかける投書欄がある場合もありますので、ハガキを出して呼びかけてみるのも良いでしょう。

 

個人売買で売る際に難しいのは、金銭トラブルに巻き込まれる危険(代金ム払いなど)があること以外に、全ての手続きをご自身の手で行なわなけばいけない必要がある点です。

 

手続きは所管の陸運局に赴いて一定の手続きを行う必要があり、125cc以下のバイクであれば売却側は「廃車証明書・自賠責保険証明書・譲渡証明書」などを用意しなくてはなりません。

 

126cc〜250ccまでのバイクであれば「軽自動車届出済証・印鑑・ナンバープレート・自賠責保険証明書・譲渡証明書」などが必要となり、さらに251cc以上のバイクの場合は「車検証・印鑑・自賠責保険証明書・譲渡証明書・委任状・軽自動車納税証明書・ナンバープレート」などと広範囲にわたり必要な物が増えてきます。

 

個人売買で売る際にはいずれも欠けてはいけませんし、誤字や空欄などはもってのほかですので、かなり手が掛かるといえます。

 

間違いが無いようネットを活用して、事前にしっかりと調べておきましょう。

一括査定を申し込む前に

複数の買い取り業者に一度の手間で一括査定ができるサイトを利用すると、
手間なく高値で買い取ってくれる業者に交渉することが可能です。

矢印


でも、あわてて一括査定に申し込んでしまう前に、
まずしないといけないことがあるのでご注意下さいね

詳しくはこちらから。

個人売買で売る関連ページ

ネットオークションで売る
オークションサイトで売る際には間にバイク専門店が入りませんので、余計な中間マージンを取られることも無く、少しでも多くお金を手にすることができます。