バイク 売る

バイクを売るための基礎知識

いらないバイクを売る場合にはどうすれば良いのでしょうか。

 

バイクの処分は早々経験するものでは無いので、いまいち方法が分からない方が多いかと思いますが、まずはバイクを売るための基礎知識からしっかりと学んでいきましょう。

 

まずバイクを売る方法にはおよそ3種類があって、

 

  • 買い取り店に売却
  • バイク屋で下取りして新車を購入
  • 個人で売買する

 

といういずれかの方法を取る事になります。

 

もっともポピュラーなのは最初にご紹介した「買い取り店に売却」ですね。
近年ではテレビCMなどでもバイクの買い取り店が宣伝していることもありますので、目にした方も多いかと思います。

 

その際に是非ご活用していただきたいのは、インターネット上で運営されているバイクの一括査定サービスです。

 

このサービスは、複数の買い取り業者の査定額を一括して知ることができる便利なサイトで、査定費用はすべて無料であなたのバイクの買い取り金額をパソコンを通じて知ることができるのです。

 

各業者が出した金額を見比べて、一番高いところにお願いすればよいだけですので、まったく手が掛かることも無く手続きも全て代行してくれるので、とても便利だといえます。

 

バイクの買い取りに際してとても便利な“一括査定”のサービスも、この段階では業者が実物をみていない“おおまかな査定額”となります。
そのため、この後の流れとしては“本査定”を受けなければなりませんので、買取店に連絡を入れて自身で向かうか自宅まで来てもらうことになります。

 

その際には買取店からあらかじめ指示があると思いますが、査定には必要となる書類として「125cc以下:標識交付証明書」「126cc以上250cc未満:軽自動車届出済証」「250cc以上:車検証」などを用意しておきましょう。くわえて身分証明書や、契約まで考えているのであれば印鑑も必要となります。

 

また査定には当然ながらバイクの名義人の方の立会いが必要となりますので、代理人や名義が異なる使用者の方しかいない場合は断られる可能性が高いといえます。

 

バイクの鑑定では、各パーツまで細かくチェックを受ける事になり、30分から1時間ほどの流れの中で行なわれますので、それなりに時間を要します。忙しい方の場合は、休日など時間に余裕があるときに出張査定をお願いしたほうが良いでしょう。
またバイクをあちらこちら弄り、改造を施している場合には、元から付いていたノーマルパーツも併せて確認できるよう準備しておくと良いでしょう。

 

一連の流れが終わった時点で最終的な金額が伝えられますので、それに同意した場合は契約書に判を押してバイクの引渡しとなります。

 

そのほかにも知っておきたいバイクを売るための基礎知識はたくさんあります。こうした基礎知識を知っていたかによりバイクをより高く売ることもできますので、しっかりと抑えておきましょう。

 

バイクを売却する場合に必要な書類とは?

 

不要なバイクを売却する際には、一定の手続きを行い必要書類を用意することになりますが、いずれも所有しているバイクの排気量により変わってきます。

 

まず「125cc以下のバイク」の場合は“標識交付証明書”が必要書類となりますので準備しておきましょう。この書類は役所からナンバープレートの交付を受ける際に一緒に交付されるもので、ナンバープレートと対になる非常に重要な書類ですので、大切に保管するようにバイクの購入店からも言われているかと思います。

 

また「126cc以上250cc未満のバイク」の場合は“軽自動車届出済証”が必要書類になります。
この書類は、管轄の陸運支局か自動車検査事務所にナンバープレートの交付を受ける際に一緒に交付されるものとなります。
法律の規定によりバイクに備え付けが義務付けられていますので、ヘルメットの収納スペースなどに入れっぱなしという方も多いかと思います。

 

さらに「250cc以上のバイク」の場合は“車検証(自動車検査証)”が必要書類になります。
一般的に車検証といえば自動車が思い浮かびますが、実は250ccを超える自動二輪車も含まれており、この書類もまた管轄の陸運支局か自動車検査事務所にナンバープレートの交付を受ける際に一緒に交付されています。

 

売却手続きにおいては、少なくとも上記の書類を用意しておくことになりますが、これ以外にも「自賠責証明書、身分証明書」などを必要とする場合もあります。

 

また未成年の方が売却手続きを行う際には「親権者の同意書、名義人の委任状」などを求められる場合もあります。

 

一括査定を申し込む前に

複数の買い取り業者に一度の手間で一括査定ができるサイトを利用すると、
手間なく高値で買い取ってくれる業者に交渉することが可能です。

矢印


でも、あわてて一括査定に申し込んでしまう前に、
まずしないといけないことがあるのでご注意下さいね

詳しくはこちらから。

バイクを売るための基礎知識記事一覧

必要の無いバイクを売るための方法として「個人売買で売る」という手段があります。この方法は呼んで字のごとく、バイクの販売店や買い取り店など専門業者に任せるものではなく、個人を相手に自分のバイクを販売する方法です。ただ、自分のバイクを欲しいという個人を見つけるのは難しいですね。まずはあなたの身の回りの友人で欲しい方を探して見ましょう。またそれ以外でも、バイクの専門雑誌には売買をもちかける投書欄がある場...
バイクを個人売買で売る際にもっとも手軽に相手を見つける方法としては「ネットオークションで売る」という方法が挙げられます。ネットオークションとは、そのサイトの会員であれば誰でも自由に出品や落札を行えるもので、安価なものから高価な品物まで品揃えの多さに人気が集まっています。大手のオークションサイトを見てみると、バイクの出品数が非常に多くありますので、その中では盛んに取引が行なわれており、あなたのバイク...